脱毛では事前の準備とアフターケアが大切

脱毛処理を自分で行う場合には全てが自己管理になりますので、肌の安全に十分に配慮しながら処理を行う必要があります。
脱毛を行うと、その毛穴からはムダ毛が無くなってぽっかりと穴が開いたような状態になります。
この状態は大変無防備であり、衛生的に保つのも非常に大変です。処理直後に皮脂や汚れが入り込んでしまい毛のう炎を起こすこともありますので、まずは脱毛を行う前に汚れをしっかりと落としておくことが大切です。

汗をたくさんかくような季節の場合、タオルで拭くだけでは不十分ですので、シャワーを浴びて綺麗にすることをお勧めします。



準備ができたら肌に負担をかけない方法で脱毛を行っていきます。
特に切れ毛ができてしまうような方法は埋没毛の原因になってしまいますので気を付けなければなりません。埋没毛になると気になって無理やり引き出してしまうことも多いので、肌トラブルのリスクになります。
無事に処理が終わったら、アフターケアを行います。
アフターケアではまずは毛穴の開き具合を確認し、必要だと感じたら収れん化粧水で引きしめ対策を行います。

収れん化粧水は冷蔵庫で冷やしておき、お風呂上がりの毛穴の開いた状態で使用するときちんと浸透させることができますので、効果が高まります。



それ以外でも保湿ケアも重要であり、肌中の水分量を適切な状態に保つことで回復を早めるようにします。



アフターケアを正しく行うと、肌細胞を元気にすることができます。


Copyright (C) 2017 脱毛では事前の準備とアフターケアが大切 All Rights Reserved.